ジュエリー、湯島、日々のあれこれ
十字屋商店の「若旦那日記」
十字屋ブログ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 水面を行く船を思わせる 翡翠リング | main | まいにちジュエリー 修理について >>
K様よりご注文いただいた、クラシックなサンゴリングのリフォーム

本日は過去に承ったジュエリーリフォームのご紹介です。

 

おばあさまから受け継いだK18YGのサンゴリングを

リフォームしたいとのご相談をいただきました。

 

写真 2015-11-17 12 07 22.jpg

 

クラシックでお洒落なデザインの指輪です。

 

写真 2015-11-17 12 08 10.jpg

 

石座には唐草のような透かしの加工がほどこされており

サイドにはアイビーのような葉っぱのモチーフが。

とても可愛らしい、昔の職人の技が光るしっかり作られた指輪です。

 

写真 2015-11-17 12 06 26.jpg

 

また、中央の宝石がサンゴですので、あまりいじらないよう、

また、もとのデザインがとても素敵なので、活かして

リフォームを進められれば…と考えました。

 

いくつかご提案いたしまして、こちらのペンダントへの

リフォーム加工で進めることになりました。

 

20151109小中冨さま.jpg

 

ネックレスが通る部分を、サンゴの脇にある葉っぱのモチーフで

作成し、ダイヤモンドを1pcあしらうことにしました。

また、石座のデザインはそのまま残して加工することに。

 

出来上がりはこうなりました。

 

写真 2015-11-30 14 57 22.jpg

 

写真 2015-11-30 15 22 15.jpg

 

写真 2015-11-30 15 20 04.jpg

 

もとのリングのデザインを大きく崩さずに

サンゴの優しい色味と雰囲気を活かしたリフォームになったと思います。

 

ネックレスを通す部分はリングにあったパーツを転用し、

ダイヤモンドの石座などもリングのバンド部分の金を使用して

作成しております。

 

今回のリフォームにかかった費用は19,000円。

再加工時に使用したリングバンド部分の地金が多少残り、

そちらを下取りいたしましてリフォーム代金総額は17,500円でした。

 

お客様からは「祖母の好きだった元のデザインが活かされていて

感動しました!」とのお言葉をいただきました。ありがとうございました!

 

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

コメント









Trackback URL
http://jujiya.jugem.jp/trackback/706
トラックバック