7月の誕生石・ルビーの話

  • 2020.07.13 Monday
  • 16:19

ルビーと、サファイヤ。

この2つ、じつは“親戚”のような存在だと知っていますか?

 

どちらもアルミニウムの酸化鉱物で、「コランダム」と呼ばれる宝石です。

結晶に組み込まれる成分によって色が異なり、

赤いものは「ルビー」、

赤くないものはサファイヤと呼びます。

 

ルビーという名前の由来は、

「赤」という意味を持つラテン語「ruber」。

なるほど、の名称ですね。

 

宝石の鑑定機関として知られる「GIA」webサイトによると、

 

古代インドでは、ルビーは、稀少であり、硬度に優れており(ダイヤモンドに次いで2番目)、美しくて、神秘的な力を持っているように見えるため、「貴重な石の王」と呼ばれていました。長い間、生命の源である血に関連付けられているルビーは、インドの宝飾品においてパワーそして若々しいエネルギーの象徴とされていました。

 

とのこと。

 

こうして並べてみると、たしかに力強さを感じます。

 

ルビーの指輪
 

同じルビーでも、

黒ずんだ赤、ピンクっぽい赤、紫っぽい赤など、色味はさまざま。

 

RIMG1773.JPG
 

RIMG1287.JPG

 

一般的に、「ピジョン・ブラッド」と呼ばれる、

鳩の血のように赤いルビーがもっとも価値があるといわれています。

 

また、ルビーの中には、内包物の妙によって

光をあてることで6条の星が出るものがあります。

これを“スタールビー”といいます。

 

 

さて、ルビーはダイヤモンドに次ぐ硬度を誇る石です。

ルビーを傷つけられるのは、ダイヤモンドだけ。

つまり、傷つきにくいのです。

そのため、じつは日常的にも使いやすい宝石です。

 

硬度が高いため、

高級時計の歯車の軸受けに、ルビーを用いることがあります。

 

 

こちらは、当店で電池交換を承った時計の基盤です。

真ん中やや下あたりにある3つの赤い石が見えるでしょうか?

これがルビーです。

 

いくら高級時計とはいえ、

見えないところにルビーを使うなんて贅沢すぎる!と思いますよね。

じつは、ルビーは人工的に作ることもできます。

人工石としての歴史は古く、

1903年にフランス化学者、オーギュスト・ヴィクトル・ルイ・ベルヌーイが

火炎溶解による商業的な製造に成功。この製造法はベルヌイ法と呼ばれています。

 

日本でも、電気機器メーカーとして名高い京セラが、

「クレサンベールルビー」という人工ルビーのブランドを立ち上げています。

 

人工的に作られたルビーは、

発色がきれいで内包物が少ないものが多く、

天然石に比べるとリーズナブルな価格です。

 

一方、天然のルビー。

産地としてよく知られているのはミャンマーです。

ルビーの結晶ができるためには、高温・高圧力が必要なので、

ミャンマー産のルビーはヒマラヤ山脈が形成されたときにできたのかな?

などと考えると、なんだかロマンティック。

天然石ならではのドラマを感じますね。

 

==========

ほかの誕生石もご覧ください

1月 ガーネット

2月 アメジスト

3月 アクアマリン珊瑚(コーラル)

4月 ダイアモンド

5月 エメラルド翡翠(ジェイド)

6月 真珠(パール)

8月 ペリドット

9月 サファイア

10月 オパールトルマリン

11月 トパーズ

12月 ターコイズラピスラズリ


 

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

十字屋商店のホームページ

ツイッター

十字屋 若旦那支店

selected entries

categories

archives

recent comment

recent trackback

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM