ジュエリー、湯島、日々のあれこれ
十字屋商店の「若旦那日記」
十字屋ブログ
<< June 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
まいにちジュエリー 修理について

「まいにちつけていただくジュエリーを提供する宝石店」

として大切だなと思っていることがあります。

 

まいにち着けていただく訳ですから、

そりゃ不具合がでることもあります。

 

金やプラチナって硬い金属のような気がしますが

案外と柔らかくて、日々の使用で少しずつ形が変わったり

ひょんなことでぶつけたり、引っ張られたり、などなど。

 

形あるものですから、壊れたり傷ついたりします。

 

そんなときに、直せたり、元に戻せたりっていうのは

大切だと思うんです。

 

わたしたちのお店には

たくさんの一点物ジュエリーが並んでいますが

それらは昔からお付き合いのある職人さんたちと

相談して作っているものです。

 

ジュエリーを作れる職人さんたちは、もちろん直せます。

また、わたしたちも日々ジュエリーと携わっている中で

どうしたら直せるか、どんな風に直せるかという知識があります。

 

 

時々、「他のお店で買ったものなんですが、直せますか?」という

お問い合わせをいただきます。

 

大丈夫です。承ります。

 

壊れてしまって、なんとなくタンスの中などに

そのままになっているジュエリーがあったら、

まずはお気軽にご相談ください。

 

直せるかどうか?

直すのにいくらかかるか?

などは無料でお答えしております。

 

 

⇓⇓十字屋商店のWEBページにも修理の事例がございます。⇓⇓

ワークショップを開催しました

先日、文京区にお住いのファミリー向けに

オリジナルブレスレットを作成できるワークショップを開催しました。

 

 

用意したジュエリーの中から好きな石を選んでいただき

自分だけのブレスレットを作成できるようにしました。

 

 

手首のサイズを測ったのち、その長さ分の好きな宝石を選んで、

ご自分の思うように並べていただき…

 

 

伸び縮みするテグスに通して…

 

 

できあがり!

 

 

ご参加いただいたお子さん、親御様、お手伝いスタッフなど

みんな楽しんで参加できたワークショップでした。

 

ワークショップ後は子ども達から

「大きくなったら、宝石屋さんになりたい!」と

嬉しい声もいただきました。

 

ご興味おありの方はお気軽にWEBページよりお問い合わせください!

 

↓十字屋商店の商品はWEBページでご覧いただけます。

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

「ジュエリーってなんだろう?」

僕が、おそらく、子どもの頃からずーっと考えていること。

それは、「ジュエリーってなんなの?」ということです。

 

ジュエリーって高額です。

お菓子、おにぎりを買うような値段では買えません。

 

そして、買ってもお腹が膨れるわけではありません。

別になくても生きていけるものです。

少なくとも命にかかわることはそうそうないはずです。

 

そんな疑問を胸に宝石屋の若旦那になって早10年強。

なんとなく、でもしっかりと、今思っていることはこんなことです。

 

 

「ジュエリーって人を勇気づけるなにか」なんじゃないかと。

 

 

例えば、うちの4歳の娘は保育園に行きたがらないことがあります。

そんな娘はときに、髪留めで三つ編みにしたがることがあります。

可愛い髪留めで三つ編みして、気分よく保育園にいくのです。

 

きゃりーぱみゅぱみゅさんは名曲「つけまつける」の中で

「つけまつける」と「気分も上を向く」「つけるタイプの魔法」

「見える世界も変わるかな」とおっしゃっています。

 

色々な勇気を、髪留めや三つ編みやつけまからもらっているんですね。

 

 

そんな中でもジュエリーはより強力だと考えています。なぜか?

 

記念日、誕生日、結婚、卒業、退職、退院、優勝などなど

ジュエリーって特別なタイミングとかかわることが多いと思います。

 

ジュエリーには手に入れたときの記憶が付随する

一種の記憶装置なんだと思います。

 

その記憶には祝ってくれる人々の顔、嬉しかった想い、

記念日までの苦しい思い出など紆余曲折が詰まっています。

 

なにかを乗り越え、達成した記憶、温かい人々に囲まれた

よろこびの記憶などなどが、勇気になります。

 

ウェディングリングだって自分の大切なもの、家族とかパートナーとか
大切な存在を思い出すアイテムであり、大切な存在を思わせることが勇気になったり。

 

 

そして、ジュエリーの成り立ちは非常にスケールが大きくてパワフルです。

 

例えば、金やプラチナは中性子星の衝突なしには生成されません。

中性子星が衝突するような環境に、もちろん人間は居合わせることができません。


インドあたりで採れるルビーはヒマラヤ山脈の造山運動によって出来ているし、
ダイヤモンドは地中深く、マントル内での高圧力下で結晶化した上に
物凄い速さ(マッハ)で地表に出てこないとダイヤモンドになりません。

 

そんな地球規模、宇宙規模のパワーで勇気づけてもらえるのです。


 

それなので、ジュエリーってまいにち着けて欲しいなと思っています。

 

毎日を生きていくにはきっと勇気が必要だからです。

 

 

まいにちつけるジュエリーなので、

金属アレルギーにならないよう品質の良い物を使おうと考えております。

 

まいにちつけるジュエリーなので、
デザインはシンプルで飽きがこないものを心がけます。

 

まいにちつけるジュエリーなので、
そんなに高価じゃないけれど印象的なジュエリーをと心がけております。

 

まいにちつけるジュエリーなので、

着け心地は良い方がいいと思っております。

 

そんな「まいにちJewelry」をお届けできれば幸いです。

どうぞ今後とも十字屋商店をよろしくお願いいたします。

 

十字屋商店WEBページ

驚異! 金・プラチナの成り立ちには超大な天体ショーが関係していた…。

最近、中性子星の衝突により重力波をとらえた!

と言うニュースがありました。

 

CNNのニュースサイトによると

(引用元:https://www.cnn.co.jp/fringe/35108884.html

 

(CNN) 米国などの研究チームは16日、地球から1億3000万光年離れた銀河で、2つの「中性子星」が衝突する現象が初めて観測されたと発表した。衝突の結果、重力波と呼ばれる波と、ガンマ線バーストと呼ばれる光が放出されたほか、「キロノバ」という爆発現象によって金やプラチナや鉛などの重元素が宇宙に拡散した。宇宙で1つの根源から重力波と電磁波の2つの波が放出される現象を観測したのは今回が初めてで、天文学の新時代につながる未曽有の発見と位置付けている。

 

とのこと。世紀の大発見のようです。

 

で、一連の記事を読んでいて非常に驚いたのは

金やプラチナなどの重金属が生成されるのは、中性子星の衝突によってのみだと

考えられているらしい、と言う部分でした。

 

つまり、当店の店頭で扱っている金・プラチナも

超宇宙規模の人類は決してその場に立ち会うことのできない

大事件でのみ作られている、と言うのです!

 

その中性子星の衝突でできた金やプラチナが隕石となって

宇宙を漂い、太陽系の形成の時期に地球の一部になったのです。

 

なんて、とんでもない偶然の上に出来上がったものなのだろうと。

そんな感動をおすそ分けいたしたくて記事にいたしました。

 

もちろん、金・プラチナには今までも神秘を感じておりました。

金は形を変えることのない金属です。そして溶かして再利用が可能です。

 

なので、今あなたがお着けになっている金やプラチナは

もしかしたら武田信玄の金山でとれたものかもしれないし、

太古のインカ帝国の宮殿にあったものかもしれないし、

インドのマハラジャの娘がもっていたものかもしれないのです。

 

その時点で、だいぶ神秘的なのですが、

まさかその成り立ちが宇宙の果ての超天体活動によるとは…

 

宇宙の果てからやってきた、神秘の金・プラチナジュエリー

開催中のオータムフェアでもお買い求めいただけます。

 

そうそう。凄いのは金プラチナだけではありません。

そのあたりのお話はまた後日…。

 

あぁ。今更ながら、凄いものを扱っていたのだなぁ…。

 

十字屋商店のWEBページもご覧ください☆

好きな「ミント味」の食べ物、なに?

好きな「ミント味」の食べ物。

それはチョコミントアイスです。

 

 

当店のそばにあり、昔からお世話になっている「みつばちさん」。

みつばちさんと言えば、小倉最中アイスなのですが、

最近の私のファーストチョイスはチョコミントアイス。

 

これから暑くなるにつれ、ちょいちょい食べたい1品です!!

 

ちなみに明日より開催の「十字屋商店・カラーストーンフェア」

 

 

ご利用のお客様には「みつばち」さんと「つる瀬」さんでご利用いただける

お茶券をお配りしております!ぜひこの機会に湯島みつばちの

チョコミントアイス、お試しください〜〜

 

 

好きな「ミント味」の食べ物、なに?