ジュエリー、湯島、日々のあれこれ
十字屋商店の「若旦那日記」
十字屋ブログ
<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
切れたチェーンの修理

強く引っ張られたり、なにかに引っかけたりして、

金やプラチナのネックレスが切れてしまうことがあります。

 

 

そんなときは、お直しできますので

そのままにせず、ぜひ当店にお持ちください。

 

 

修理費用目安1,000円〜

 

また、金やプラチナのネックレスの長さを変えたり、

お持ちのネックレスを使ってダイヤモンドやパールの

ステーションネックレスを作成することもできます。

 

お見積り、ご相談はお気軽にお問い合わせください。

 

『お問い合わせはお気軽に☆↓↓』

4000年とも言われる“指輪”の歴史を追ってきました!!
先日、上野国立西洋美術館で開催されている指輪展に行ってまいりました。



コレクターである橋本貫志氏が西洋美術館に寄贈した指輪コレクションの
展示だそうで、古代エジプト・ギリシャ・ローマから始まり、4000年とも
言われる「指輪」の歴史を追うことができます。

どうして指輪は途切れることなく、太古から装飾品として用いられたのか?
指輪の様々な用途や、歴史とともに変わりゆくデザインなど、必見の展示です。

指輪はもちろん技術の進歩とともに、その緻密さを増してはいるのですが、
古代エジプトのころの指輪でも今に通じるデザインのものもあり、
またアール・ヌーボーやアール・デコのころのものは本当に素敵でした!

当店にある商品でも昔の指輪のデザインを模しているものもあり、
これ店頭にあるのに似ているなぁ〜と言うものも見つけることができました。

例えばこちら。



こちらのサファイヤとダイヤモンドの指輪は当店にある商品ですが、
1900年のアメリカで作成されたと言うマーキス形のリングが2本ありました。

こちらのリングは以前見かけた古い指輪のデザインが素敵だな〜と思い、
少しデザインを変えて作ったものです。

同時期にやはりアンティークのデザインを参考に作成したもあります。



アンティークリングのデザインって雰囲気があっていいですよね!

それと、古代エジプトではフンコロガシの指輪が人気でした。
当店でも参考商品(非売品)で一点置いてあります。



なぜフンコロガシなんだろう〜?と思っていたのですが、
今回指輪展を見に行くことで謎が解けました。

フンコロガシ、またの名をスカラベと言います、は動物の糞を転がして球状にし、
土中に埋め、卵を産みつけ、糞の中より幼虫が出てきます。

古代エジプト人は太陽が空を渡る姿と糞を転がす姿を重ね合わせました。
また、糞を埋めた土中から幼虫と言う新しい生命が誕生する姿も
日没後に一旦死ぬ太陽が翌朝には復活する姿を思わせたそうで、
フンコロガシ(スカラベ)は太陽、特に日の出を象徴する存在のようです。

フンコロガシのモチーフで太陽神の力を得たい。
そう考えた古代の人々が好んで指輪にして身に着けていた様です。

今でも人気のカメオにもそう言った側面があったようで、
古代ギリシャやローマの神々を彫った指輪も多く身に着けられていたようです。

指輪の様々な側面をしることができる、とても面白い展覧会でしたよ!
9/15まで上野の国立西洋美術館にて開催中です。外はかなり暑いですが、ぜひ!


<掲載商品情報>

Pt900/K18YG ブルーサファイヤ ダイヤモンド リング

ブルーサファイヤ 0.37ct 
ダイヤモンド 0.38ct

価格 ¥180,000-



Pt900 ブルーサファイヤ ダイヤモンド リング

ブルーサファイヤ 1.02ct 
ダイヤモンド 0.24ct

価格 ¥188,000-


ブローチのススメ/ちょっとしたコツ編
今日は台風のような凄い雨風です。
みなさまもお気を付けください!!

こんな日は外に出ると危険ですので、
当ブログの記事を読んでゆっくりお過ごしを☆


さて。今日もブローチの話。
ブローチってせっかく買っても、落としてしまう!
と言うお客様がいらっしゃいました。

ブローチはつけ方によって落とすことを防ぐ
ことができますょ!

ここにブローチがあります。



うらの針はこういうタイプです。



開きます。



衣服に着けていきます。今回は布で代用します。針をさして…



もう一回さして金具で留めますが、ここがポイント!
針の長さギリギリいっぱいまでを使って留めましょう。



↑ ↑ ↑ こんな感じです。

針に余裕を持たせて留めるとブローチが動きます。
すると、動きの中で留め具が外れてしまうこともあり、
いつの間にか外れてしまう原因になります!

また、こう言う便利グッズもあります。



この銀色の金具はストッパーになっています。
これを裏側に着けると万が一針が外れてもストッパーで
止まる仕掛けになっています!

当店ではブローチお買い上げのお客様には
このパーツをおつけするようにしております。

写真だとわかり難い場合、こちらの動画もどうぞ!
(先端が怖い方はちょっと嫌かもしれません。。)




次回からもいろいろなブローチご紹介します!


≪掲載商品紹介≫



K18 南洋真珠・黒蝶真珠7pc ブローチ
真珠の大きさ 10.6〜15.7mm
価格 ¥150,000-
金市場。
ここ最近、金価格の高値更新のニュースが毎日流れます。
ニューヨーク金先物市場では一時$1,900を越えることも。

(1tozあたりの価格。1toz=31.1034768 g)

8/23の価格が $1,891.9。
日本円で1g あたり¥4878と言う価格がついていました。

御徒町にある地金買取店では行列のできているところも!!




2000年ごろの金価格が約1000円。
2006年ごろは約2000円でした。
比べると凄い価格だと言うことがわかります。

また、過去には国内の金価格が今より高値だったこともあります。
1980年ごろは5000円超。しかしこの頃の為替は1$=約250円。
現在は1$=77円ほどで、1$に対する円の価値は3倍になっています。

金そのものが相対的に高値なったと言うことが伺えます。




現在の金の価格高騰には一部でバブルへの警戒がいわれています。
本日は一服と言うところでしょうか?価格は少し下げたようです。




これから先の金価格はどうなっていくのか…?

金価格高騰には、資産の金への逃避と言う側面があります。
なので戦争勃発時などは金価格は高騰する傾向にあります。

今はきっと世界の金融市場の混乱が金の値を上げています。
そう考えると、なるべく早く下がってほしいと思うのですが…。

ウィリアム王子とサファイアリング
 英国王室のウィリアム王子と
ケイト・ミドルトンさんの結婚が発表されましたね!

結婚指輪はダイアナさんもお付けになっていた
サファイアの指輪を送られたとのこと。
大きくて素敵な輝きのサファイヤリングが
ケイトさんの左の薬指に輝いておりました。

どうしてサファイヤなのだろう?と。

これにはヨーロッパに古くからあるジンクス、
そしてサファイヤの持つ意味が関係しているようです。

まず、結婚する際のジンクスとして
「Something 4」と言うものがあります。
結婚する花嫁は次の4つのものを付けると
幸せになれると言うジンクスです。

something new(なにか新しいもの)
something old(なにか古いもの)
something borrow(なにか借りたもの)
something blue(なにか青いもの)

サファイヤはSomething Blueにあたります。

そしてサファイアは信頼や誠実の象徴なのだそうです。
結婚を申し込む宝石としてはピッタリな石ですね!
(ちなみにダイヤは永遠の絆・純潔の象徴だそうです)

結婚の申し込みにブルーサファイヤって言うのも
素敵かもしれません。

ウィリアム王子の送られたものには及びませんが、
当店にもサファイア、あります。




十字屋商店の商品をご紹介!