ジュエリー、湯島、日々のあれこれ
十字屋商店の「若旦那日記」
十字屋ブログ
<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
I様よりご注文いただいた 南洋真珠リング2本のリフォーム

本日はお承りしたジュエリーリフォームのご紹介です。

今回は白蝶真珠と黒蝶真珠の指輪をリフォームしたいとのご相談でした。

 

写真 2018-06-20 午後6 27 25.jpg

 

写真 2018-06-20 午後6 27 44.jpg

 

おばあ様から引き継いだというリング。

ですがデザインやサイズがご自身に合わず、リフォームしたいというご相談でした。

 

枠のクラシックな雰囲気を残して爪は小さくする…高さを下げて…など

いくつかご提案しながらお話ししておりまして、最後に

「2つで1つのリングにしてみましょうか」とご提案。

 

 

こちらのデザインを気に入っていただき、2つのパールが互い違いに

並んでいるデザインのリングにすることに。

 

お持ちだった他のリングについていたテーパードカットダイヤモンドを

腕にあしらうことにいたしました。

 

出来上がりは以下のようになりました。

 

写真 2018-07-28 17 01 51.jpg

 

写真 2018-07-28 17 00 14.jpg

 

写真 2018-07-28 17 00 38.jpg

 

写真 2018-07-28 17 00 25.jpg

 

シンプルですが可愛らしく、それぞれのままよりカジュアルで

普段使いしやすくなったと思います。中央が開いているタイプの

リングなので、多少のサイズ変更にも対応が可能です。

 

お客様は、「リフォームしたくていくつかの有名デパートの

リフォームコーナーで相談したものの、具体的な案も今ひとつで、

お値段も、それなら新しいの買えるよね!の価格設定でした。

今回のリフォームで、毎日でもつけていたいお気に入りジュエリーが増えました。
亡き祖母もきっと喜んでくれるはず。大切にして娘に受け継ぎたいと思います。

十字屋さん、ありがとうございます。」との素敵なお言葉を頂きました。

 

ご利用いただき、誠にありがとうございました。

 

今回のジュエリーリフォーム加工代金は、加工に使用した地金が

お持ち込みの指輪のものを使用でき、全部で5万円でできあがりました。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容もご覧いただけます。

ぜひご覧ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

おばあ様より受継いだリングのリフォーム

亡くなられたおばあさまより譲り受けたという

赤い石の指輪のリフォームをご相談いただきました。

 

34963731_10216460092442697_9086124656104046592_n.jpg


アンティークっぽいデザインと彫が印象的な指輪です。

お客様も、指輪そのもののデザインはお気に入りのようでしたが、

高さのあるリングの作りや、全体的にボリューミーな雰囲気に

使いづらさを感じていらっしゃるようでした。

 

また、よくよく拝見するとルビーのように赤い石はガラスであることが判明。

リングを地金として買い取ることできましたが、それだとせっかくの

思い出のジュエリーが少しのお金になるだけです。

 

それでしたらと、枠のデザインと地金を活かして、あまり費用をかけずに

簡単で素敵なペンダントへの作り替えをご提案し、そうすることになりました。

 

できあがりがこちらです。

 

写真 2018-07-28 17 04 54.jpg

 

リングの座のみを活かし、ペンダントにしました。

ネックレスの通る部分は使用しないリングの腕部分の地金を使って作成。

 

写真 2018-07-28 17 04 21.jpg


写真 2018-07-28 17 05 13.jpg

 

サイドの印象的なデザインと彫は活かしました。

元々のデザインが素敵なので、シンプルに素敵なペンダントになりました。

 

写真 2018-07-28 17 04 40.jpg

 

こちらのリングからペンダントへの加工にかかった代金は19,800円。

今回はほかのご使用にならない指輪などの下取りがあったため

お支払金額は4,800円でした。

 

今回、お客様からもご感想を頂戴したので、そのままご紹介いたします。

 

『故祖母から貰った赤い石の指輪。


昔流行っていたデザインと思われますが、アンティーク感が強く、指輪そのものは

素敵なのに、実際付けてみるとごつく強い印象で一度も付けることがありませんでした。


せっかくの思い出の品を箪笥の肥やしにするのは勿体ない!と思い、過去何店か

リフォーム店を巡るも加工費用が高く、ほぼ諦めかけていました。。。

 

しかし、今回こちらを紹介で知り、リーズナブルな価格によりようやくリフォームが実現!!指輪のアンティーク感はそのまま生かし、かつ私の要望だった普段使いができるシンプルなものに早変わりしたのです。

 

諦めていたことが実現できたこと、また祖母のアクセサリーを同じように

私が付けられていることに嬉しさを感じてます。こんな日がくるとは...。


プロならではのご提案と早く親切な対応にとても感謝してます。

もう少し早く出会いたかったです!』

 

とても嬉しいお言葉をたくさん頂戴いたしました。

 

ジュエリーリフォームや修理については、お悩みなのにどこに相談しようか?と

悩まれている方もおおくいらっしゃるようです。

ご相談だけでしたら無料でお伺いしておりますので、

お悩みでしたらどうぞお気軽にご相談くださいね。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

T様よりご注文いただいた、エメラルドリングのリフォーム

本日は過去に承ったジュエリーリフォームのご紹介です。

 

譲り受けたPt900製・エメラルドとダイヤモンドのリング

をリフォームしたいというご相談いただきました。

 

写真 2018-03-28 12 48 10.jpg

 

明るく、透明感があって綺麗なエメラルドをテーパードカットの

ダイヤモンドとメレーダイヤが囲むデザインです。

 

写真 2018-03-28 18 23 06.jpg

 

サイドの透かしのデザインなど、ひと昔前によく見られたものです。

この手のリングは、例えばテーパードカットダイヤの枠やサイドの

クルンとした飾り部分もひとつひとつ手作業で作られたりしていて、

なかなか手間のかかったものです。

 

ですが、ご相談いただいたお客様が、普段お使いになるには

デザイン的に古く、少し使いにくいかなという印象を持ちました。

 

一緒にお話しをしていく中で、K18YG製のシンプルなリングに

お作りするご提案をし、その方向で製作が進みました。

 

できあがりはこちらです!

 

写真 2018-04-20 16 07 18.jpg

 

エメラルドをシンプルにふせ込んだ中座デザイン。

エメラルドは、硬度は十分ですが弱い宝石でもあり、

しっかり囲めるふせ込み枠で作成しました。

 

写真 2018-04-20 16 05 59.jpg

 

バンドもシンプルなストレートタイプ。

 

写真 2018-04-20 16 06 44.jpg

 

エメラルドは少し深さのある石だったので、中座はやや高さがでました。

 

写真 2018-04-20 16 06 11.jpg

 

控えめなイエローゴールドの輝きと、エメラルドの雰囲気、

それに中座の角っとした感じがマッチしていると思います。

 

今回のリフォームにかかった費用は85,000円でした。

 

お客様からは、「気に入ってつけてます。周りからの評判もいいです!」

とのお言葉をいただきました。

 

お客様にお慶びいただき、日々素敵にお使いいただいているようで

個人的にもとても嬉しいです。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

K様よりご注文いただいた、クラシックなサンゴリングのリフォーム

本日は過去に承ったジュエリーリフォームのご紹介です。

 

おばあさまから受け継いだK18YGのサンゴリングを

リフォームしたいとのご相談をいただきました。

 

写真 2015-11-17 12 07 22.jpg

 

クラシックでお洒落なデザインの指輪です。

 

写真 2015-11-17 12 08 10.jpg

 

石座には唐草のような透かしの加工がほどこされており

サイドにはアイビーのような葉っぱのモチーフが。

とても可愛らしい、昔の職人の技が光るしっかり作られた指輪です。

 

写真 2015-11-17 12 06 26.jpg

 

また、中央の宝石がサンゴですので、あまりいじらないよう、

また、もとのデザインがとても素敵なので、活かして

リフォームを進められれば…と考えました。

 

いくつかご提案いたしまして、こちらのペンダントへの

リフォーム加工で進めることになりました。

 

20151109小中冨さま.jpg

 

ネックレスが通る部分を、サンゴの脇にある葉っぱのモチーフで

作成し、ダイヤモンドを1pcあしらうことにしました。

また、石座のデザインはそのまま残して加工することに。

 

出来上がりはこうなりました。

 

写真 2015-11-30 14 57 22.jpg

 

写真 2015-11-30 15 22 15.jpg

 

写真 2015-11-30 15 20 04.jpg

 

もとのリングのデザインを大きく崩さずに

サンゴの優しい色味と雰囲気を活かしたリフォームになったと思います。

 

ネックレスを通す部分はリングにあったパーツを転用し、

ダイヤモンドの石座などもリングのバンド部分の金を使用して

作成しております。

 

今回のリフォームにかかった費用は19,000円。

再加工時に使用したリングバンド部分の地金が多少残り、

そちらを下取りいたしましてリフォーム代金総額は17,500円でした。

 

お客様からは「祖母の好きだった元のデザインが活かされていて

感動しました!」とのお言葉をいただきました。ありがとうございました!

 

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

M様よりご注文いただいたダイヤリングとルビーリングのリフォーム

お使いのシンプルなダイヤリングと

あまりご使用になっていないルビーのリングを使って

何かリフォームしたいとのご相談をいただきました。

 

写真 2018-04-21 17 21 06.jpg

 

(↑もとのジュエリーの写真撮影を忘れてしまい、枠のみの撮影です)

ルビーリングは45年くらい前に購入したK14WGの枠に

オーバルカットのルビーがちょこっと留まっているリングでした。

 

もうひとつは、プラチナ枠の平たいバンドにダイヤが等間隔に並ぶリングでした。

(下のデザインスケッチの右側、上のダイヤリングのような感じです)

 

 

ダイヤリングはシンプルで使い勝手の良さそうなデザインだったので、

1つ目のご提案は、ダイヤリングはそのままにしてそれと重ねづけできる

シンプルなルビーリングの作成

 

2つ目のご提案は、ダイヤリングの中央に座を作成して、ダイヤリングに

ルビーを追加することでした。今回は2つ目の提案でお作りすることに。

 

できあがりは以下の通りです。

 

写真 2018-04-21 17 19 50.jpg

 

写真 2018-04-21 17 20 16.jpg

 

写真 2018-04-21 17 19 57.jpg

 

もとのダイヤのリングが少し寂しいとお感じになっていたそうで、

赤い色が入って元気な雰囲気になったとお喜びいただけました。

 

今回は元のリングを活かしてのリフォームでしたので

リフォーム代金は35,000円でした。

 

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

リフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー