ジュエリー、湯島、日々のあれこれ
十字屋商店の「若旦那日記」
十字屋ブログ
<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
K様よりご注文いただいた、クラシックなサンゴリングのリフォーム

本日は過去に承ったジュエリーリフォームのご紹介です。

 

おばあさまから受け継いだK18YGのサンゴリングを

リフォームしたいとのご相談をいただきました。

 

写真 2015-11-17 12 07 22.jpg

 

クラシックでお洒落なデザインの指輪です。

 

写真 2015-11-17 12 08 10.jpg

 

石座には唐草のような透かしの加工がほどこされており

サイドにはアイビーのような葉っぱのモチーフが。

とても可愛らしい、昔の職人の技が光るしっかり作られた指輪です。

 

写真 2015-11-17 12 06 26.jpg

 

また、中央の宝石がサンゴですので、あまりいじらないよう、

また、もとのデザインがとても素敵なので、活かして

リフォームを進められれば…と考えました。

 

いくつかご提案いたしまして、こちらのペンダントへの

リフォーム加工で進めることになりました。

 

20151109小中冨さま.jpg

 

ネックレスが通る部分を、サンゴの脇にある葉っぱのモチーフで

作成し、ダイヤモンドを1pcあしらうことにしました。

また、石座のデザインはそのまま残して加工することに。

 

出来上がりはこうなりました。

 

写真 2015-11-30 14 57 22.jpg

 

写真 2015-11-30 15 22 15.jpg

 

写真 2015-11-30 15 20 04.jpg

 

もとのリングのデザインを大きく崩さずに

サンゴの優しい色味と雰囲気を活かしたリフォームになったと思います。

 

ネックレスを通す部分はリングにあったパーツを転用し、

ダイヤモンドの石座などもリングのバンド部分の金を使用して

作成しております。

 

今回のリフォームにかかった費用は19,000円。

再加工時に使用したリングバンド部分の地金が多少残り、

そちらを下取りいたしましてリフォーム代金総額は17,500円でした。

 

お客様からは「祖母の好きだった元のデザインが活かされていて

感動しました!」とのお言葉をいただきました。ありがとうございました!

 

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

M様よりご注文いただいたダイヤリングとルビーリングのリフォーム

お使いのシンプルなダイヤリングと

あまりご使用になっていないルビーのリングを使って

何かリフォームしたいとのご相談をいただきました。

 

写真 2018-04-21 17 21 06.jpg

 

(↑もとのジュエリーの写真撮影を忘れてしまい、枠のみの撮影です)

ルビーリングは45年くらい前に購入したK14WGの枠に

オーバルカットのルビーがちょこっと留まっているリングでした。

 

もうひとつは、プラチナ枠の平たいバンドにダイヤが等間隔に並ぶリングでした。

(下のデザインスケッチの右側、上のダイヤリングのような感じです)

 

 

ダイヤリングはシンプルで使い勝手の良さそうなデザインだったので、

1つ目のご提案は、ダイヤリングはそのままにしてそれと重ねづけできる

シンプルなルビーリングの作成

 

2つ目のご提案は、ダイヤリングの中央に座を作成して、ダイヤリングに

ルビーを追加することでした。今回は2つ目の提案でお作りすることに。

 

できあがりは以下の通りです。

 

写真 2018-04-21 17 19 50.jpg

 

写真 2018-04-21 17 20 16.jpg

 

写真 2018-04-21 17 19 57.jpg

 

もとのダイヤのリングが少し寂しいとお感じになっていたそうで、

赤い色が入って元気な雰囲気になったとお喜びいただけました。

 

今回は元のリングを活かしてのリフォームでしたので

リフォーム代金は35,000円でした。

 

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

リフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

A様よりご注文いただいたファイヤオパールリングのリフォーム

 

お持ちのファイヤオパールのリングのデザインが使っていて

引っかかるので、シンプルなデザインに作り替えたいとのご相談をうけました。

 

RIMG2139.JPG

 

元のデザインは、K18イエローゴールドとプラチナを使った素敵なデザインリングです。

一方で、デザイン上引っかかりそうな部分が多く、日常使いしづらい印象のリングです。

 

 

シンプルで、引っかかりのない指輪をとのご希望でしたので、横使いの指輪を提案しました。

もとの指輪に使われていたダイヤ計6pcもリングのサイドにあしらいます。

 

RIMG2147.JPG

 

RIMG2149.JPG

 

今回のリフォームお見積り額は85,000円ほどです。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

リフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

H様よりご注文いただいたキャッツアイリングのリフォーム

お母様からいただいた、キャッツアイのプラチナ枠リングのリフォームを承りました。

元のリングはプラチナ枠の左右にテーパードカットダイヤが並び、

ラウンドカットのダイヤが上下を飾っているデザインのリングです。

 

20170603加工分 (8).JPG

 

キャッツアイは宝石の雰囲気もあってか、どうしても地味になりがちです。

ですが、その色味や目が出ると言う石の特徴は印象的で、

上手く使う方法はないかと思案。

 

ちょうどご一緒にご注文いただいたプラチナ枠のカボションルビーリングと一緒に、

 

20170603加工分 (3).JPG

 

シンプルなバンドのリングデザインにし、重ねてつけたりを意識した作りにいたしました。

 

20170603加工分 (7).JPG

 

クリソベリルキャッツアイの宝石の魅力を、

普段から楽しめるリングに出来たのではと思います。

 

20170603加工分 (6).JPG

 

今回のリフォームお見積り額はは72,000円です。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

リフォームやオーダーの内容をご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

H様よりご注文いただいたルビーリングのリフォーム

お母様からいただいたルビーのプラチナ枠リングのリフォームを承りました。

 

20170603加工分 (4).JPG

 

元のリングはプラチナを重厚に使用し、テーパードカットとラウンドカットの

ダイヤモンドが、カボションカットのルビーを囲っているデザインです。

 

しっかりした指輪なのですが、重厚過ぎて普段使いできないとのこと。

 

そこで毎日気軽に使えて、重ねづけも楽しめるよう、シンプルなバンドの

横使いリングのデザインを提案しました。

 

20170603加工分 (3).JPG

 

RIMG2090.JPG


別でご注文いただいたキャッツアイの指輪も同じようなデザインにしました。

そちらと重ねてつけたり、シンプルなダイヤハーフエタニティリングなどとも

一緒に使えるようになっています。

 

今回のリフォームお見積り額はは72,000円です。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承ったリフォームやオーダーの内容を

ご覧いただけます。ぜひご覧ください。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー