ジュエリー、湯島、日々のあれこれ
十字屋商店の「若旦那日記」
十字屋ブログ
<< May 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
立て爪のダイヤモンドリングをペンダントにリフォームしました

本日は、A様から承った

ダイヤモンドジュエリーのリフォームのお話です。

 

お祖母様が使ってらっしゃったダイヤモンドの立て爪リング。

3.197カラット(!)の大きなダイヤモンドがとても素敵ですが、

少し古いデザインとお感じになっていたため、

ずっとケースに閉まったままだったとのこと。

 

(↑小指の爪ほどの大きさのダイヤモンドは圧巻!

そのぶん立て爪はしっかりとした長さです)

 

そこで、ダイヤモンドのきらめきを生かした

ペンダントにリフォームすることにいたしました。

でき上がりはこちら!

 

 

ペンダントの台はプラチナで仕立て、

別売りのチョーカータイプのネックレスにつけました。

 

近々、結婚式に出席されるご予定だとのことで、

その日につけていくのが楽しみだとおっしゃっていただけました。

 

 

十字屋商店のホームページでは、

これまでのリフォームやオーダーの実績をご覧いただけます。

こちらもぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

エメラルドとルビーを“リカット”して、指輪をリフォームしました

お客様から、指輪3点のリフォームを承りました。

 

お預かりしたリフォーム前の指輪はこちら。

(うまく撮影できずにすみません…)

 

 

 

おばあさまが使われていた指輪とのこと。

長く愛用されていたようで、

エメラルドの表面はデコボコとしていて、

ルビーは端がやや欠けていました。

そこで、どちらも“リカット”してリフォームすることに。

 

リカットとは、その名の通り

宝石を再度「カット」する加工のこと。

加工途中で、まれに石が割れる可能性もあるため、

大手店舗ではなかなか引き受けるところが減っているようです。

ただ、確かな技術のもとに行えば、

宝石の大きさはほとんど変わることがなく、

キラキラとした輝きを取り戻すことができます。

 

お客様にご了解いただき、リフォームし、

でき上がった指輪はこちらです!

 

 

素材を生かしたリフォームができて、

お客様にもお喜びいただけました。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容もご覧いただけます。

リフォームのご相談がありましたら、

ぜひお問い合わせください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

お客様の思い出の指輪をリフォームしました

S様より、指輪のリフォームを承りました。

 

リフォーム前の指輪はこちら。

 

リボンとハートをモチーフにしたプラチナの台に、

ブルートパーズをあしらった指輪です。

S様が初めて手にしたお給料でお求めになった、

思い出の指輪だそう。

身につけたいお気持ちはあるそうですが、

かわいらしいデザインが、今のご自身にはしっくりこないとのこと。

 

そこで、リボンのモチーフはそのままに、

ハートの台座は楕円形に、

中央の石は長方形のダイヤモンドに変更。

 

でき上がりはこちらです!

 

かわいらしさを減らして、クールさを加えることで、

少しハンサムな印象に。

リフォーム代は29,000円でした。

「大人っぽい雰囲気になって、これからも使えそう!」とS様にお喜びいただけて、

ほっといたしました。

 

かつて愛用していたジュエリーが今の自分にフィットしないと感じたら、

思いきってリフォームするのもひとつの方法。

新しい年度の始まりに、ぜひご検討ください。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容もご覧いただけます。

 

 

 

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

おばあさまから受け継いだルビーの指輪をリフォームしました

プラチナ製のルビーリングをリフォームしました。

 

元になったのは、

I 様がおばあさまから受け継いだこちらの指輪。

 

写真 2018-06-20 午後6 52 16.jpg

 

写真 2018-06-20 午後6 52 28.jpg

 

おばあさまの思い出をそのままに、

ご自身にあうデザインにしてお使いになりたいとのこと。

ルビーが引き立つデザインを提案いたしました。

 

でき上がりはこちらです!

 

写真 2018-07-28 17 02 25.jpg

 

写真 2018-07-28 17 03 09.jpg

 

I 様のご希望は、イエローゴールドの指輪。
一からゴールドで指輪を作るよりも、

元の指輪のプラチナでリングを作ってから金メッキ加工を施すほうが

数万円低いお値段で作れることから、

そのように制作することに。

 

写真 2018-07-28 17 03 21.jpg

 

写真 2018-07-28 17 03 27.jpg

 

このような作り方だと、

お好みが変わってプラチナにてお付けになりたいときにも、

メッキ加工を取り外すだけでお楽しみいただけます。

加工代は52,000円となりました。

 

でき上がりをみたお客様からは、

まいにち楽しめるジュエリーになったとお喜びいただけました。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容もご覧いただけます。

ぜひご覧ください。

 

 

 

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

I様よりご注文いただいた 南洋真珠リング2本のリフォーム

本日はお承りしたジュエリーリフォームのご紹介です。

今回は白蝶真珠と黒蝶真珠の指輪をリフォームしたいとのご相談でした。

 

写真 2018-06-20 午後6 27 25.jpg

 

写真 2018-06-20 午後6 27 44.jpg

 

おばあ様から引き継いだというリング。

ですがデザインやサイズがご自身に合わず、リフォームしたいというご相談でした。

 

枠のクラシックな雰囲気を残して爪は小さくする…高さを下げて…など

いくつかご提案しながらお話ししておりまして、最後に

「2つで1つのリングにしてみましょうか」とご提案。

 

 

こちらのデザインを気に入っていただき、2つのパールが互い違いに

並んでいるデザインのリングにすることに。

 

お持ちだった他のリングについていたテーパードカットダイヤモンドを

腕にあしらうことにいたしました。

 

出来上がりは以下のようになりました。

 

写真 2018-07-28 17 01 51.jpg

 

写真 2018-07-28 17 00 14.jpg

 

写真 2018-07-28 17 00 38.jpg

 

写真 2018-07-28 17 00 25.jpg

 

シンプルですが可愛らしく、それぞれのままよりカジュアルで

普段使いしやすくなったと思います。中央が開いているタイプの

リングなので、多少のサイズ変更にも対応が可能です。

 

お客様は、「リフォームしたくていくつかの有名デパートの

リフォームコーナーで相談したものの、具体的な案も今ひとつで、

お値段も、それなら新しいの買えるよね!の価格設定でした。

今回のリフォームで、毎日でもつけていたいお気に入りジュエリーが増えました。
亡き祖母もきっと喜んでくれるはず。大切にして娘に受け継ぎたいと思います。

十字屋さん、ありがとうございます。」との素敵なお言葉を頂きました。

 

ご利用いただき、誠にありがとうございました。

 

今回のジュエリーリフォーム加工代金は、加工に使用した地金が

お持ち込みの指輪のものを使用でき、全部で5万円でできあがりました。

 

十字屋商店のWEBページでは、お客さまから承った

過去のリフォームやオーダーの内容もご覧いただけます。

ぜひご覧ください。

 

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー