十字屋商店『若旦那』の綴る 日々のあれこれ
十字屋商店 "若旦那日記"
十字屋ブログ
<< May 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
引き継がれていくウェディングリング

本日はウェディングリングのご紹介。

ご新郎のお母様がお持ちだったK24の指輪とダイヤを使って

ウェディングリングを作成しました。

 

K24は金の純度は高いのですが、普段使いには柔らかすぎるという

難点があります。ですが、K24に銀や銅を足すことでK18にすることができます。

 

今回はK18YGにして指輪を作ることに。

 

お二人とウェディングリングのイメージを話し合い、色々な案が出たのですが、

映画『ロードオブザリング』に出てくるような指輪がいい!と言うご新郎のご希望と

ご新郎のお母様が下さったダイヤモンドを使い、少し校のリングが良い!と言う

ご新婦のご希望をかなえる指輪にすることになりました。

 

そして出来上がりがこちら!

 

RIMG1657.JPG

 

シンプルなストレートのゴールドバンドにレーザー刻印で文字を入れました。

ロードオブザリングでフロドが身に着けている指輪にはエルフ文字が刻まれ

ているようですが、今回はお二人がお選びになった言葉を英語で刻印しました。

 

ご新婦の指輪は反対面にすると…

 

RIMG1653.JPG

 

ご新郎のお母様から譲り受けたダイヤモンドの入った校の指輪になります。

その日の気分や、シチュエーションにあわせて好きな面をお使いいただけます。

 

ジュエリーには引き継がれていく側面があると思いますが、こうしてお母様の

思い出の指輪がお二人の門出を祝い、お二人の結婚生活とご両家の幸せを

見守っていく指輪になるなんてなんだか素敵ですよね!

 

ご両家の末永いお幸せを、心よりお祈り申し上げます。

 

 

JUGEMテーマ:ジュエリー

耳元で揺れるブルートパーズ

今日も夏に涼し気ジュエリーのご紹介。こちら!

 

RIMG1488.JPG

 

k14wgブルートパーズとベビーパールのピアスです。

夏に涼やか。そしてゆらゆらと揺れる作りです。

 

RIMG1487.JPG

 

チェーンの長さで長さ調整も可能ですよ☆

¥22,000で販売しております。下記サイトからどうぞ!

 

JUJIYA@STORES

 

 

 

あなたのご要望が『形』になります。
昨年にご注文いただいたウェディングリングのご紹介です。
ローズガーデンをご経営されているご夫婦のエンゲージメントリング。



初回ヒアリングでご予算・デザインのご希望などを伺います。
そのお話をもとにダイヤモンドとルビーをご用意しお選びいただきました。

またデザイン面では、ご新婦様の誕生石であるルビーをどこかに使用したい、
ダイヤモンドの留まる中央中座の部分や丸みを帯びた王冠のように、
全体にねじった雰囲気のリングデザインにしたい、などのご要望がありました。



ダイヤモンドとルビーとの色合いから、使用した地金はホワイトゴールド系。
ですが、やや金色を帯びたものを使用しました。



実際の加工に入り、リングの形が出来上がった時点で途中経過チェック。
その際にお客様のイメージと異なった部分があったため手直しをしました。
最初のヒアリングでイメージのズレがあった部分を、加工途中のリングを前に
しっかりお話しできたので、修正し、出来上がりには大変ご満足いただけました!

よかったよかった。

次回はマリッジリングのご紹介をします☆


十字屋商店のウェディングリングサイトも参考にしてね♪
ウェディングリングのご注文〜出来上がり!/2012.11
今日から3連休! みなさまいかがおすごしですか?
十字屋商店の営業はカレンダーどおり。
土曜日は通常通り営業しております。

さて。ご紹介してまいりましたウェディングリング。
いよいよ完成いたしましたのでご紹介します。

お二人との打合わせを経て(打合せ記事はこちら
その後途中経過をご覧いただき(途中経過はこちら
いよいよ完成です〜!

まずはお二人のウェディングリングから。


ウェディングリングは男性のものが幅と丸みのあるタイプ。
表面はヘアラインと言う仕上げになっています。
女性のものは半周ダイヤモンドを入れたリング。
ダイヤモンドは1pcずつ丁寧に選び分けました!
カットやサイズの整った綺麗なダイヤを選り分けます。



着けていただいた写真を1枚。
途中の確認の際、男性の方のリングはサイズが少し合わなかったので
そこも修正。よりピッタリになりました。よかった!

そしてマリッジリングがこちらです。


上から見るとお花の様な爪でダイヤを留めたリングです。



横から見るとねじれた爪でダイヤを留めています。
カーブの感じを格好良く包み込むように出せました。



実はこちらはご新郎のお母様がお使いだった指輪を作り直しました。
出来上がりの目方もちょうど前の指輪と同じくらい。
お母様の指輪をしっかり引き継いだ形になりました。



お二人にもとてもご満足いただけたようでした!本当によかった。

当店ではこのようにウェディングリングはじめオーダー作成や
リフォームのご相談をお受けしております。ご相談は無料ですので、
よろしかったら遊びにいらしてくださいね!

ご来店・お問い合わせ待ちしております。


末筆ながら、今回ご注文いただいたアオノ様ご夫妻。
快くブログへの掲載を認めてくださりありがとうございました!
湯島近くにお出での際はいつでもお立ち寄りくださいね〜



十字屋商店のウェディングリングサイドはこっちです
ウェディングリングのご注文〜途中経過/2012.11
今日はまた一段と寒いですね〜 《《(ゝc_<;)》》ブルッ
店先にもストーブを出しました。店内は暖かですよ〜!

さて。先日ご紹介いたしましたウェディングリング。
ご来店いただいたお二人との打ち合わせの後、加工内容を
職人とじっくり相談して、加工に取り掛かりました。


(前回の記事をご覧になる方はこちらをクリック!)

当店では、形が出来上がった時点で加工の途中経過を
お客様にご覧いただくこともできます。

今回は婚約指輪のダイヤモンドを留める爪の形を、
上から見るとお花のように、横からみるとねじれた感じで
下から上に…と言う雰囲気の確認など含め、ご覧いただきました。



今回のご注文は上の写真の3点。
お二人のマリッジリングとエンゲージメントリングです。

まずマリッジリング。
女性用が半周ダイヤモンドを入れるタイプのリング。

男性用は幅のあるタイプ。


少し丸みのあるハーフラウンドタイプ。内側を少し丸く作ることで、
リングの着脱がとてもしやすく、指馴染みも非常によくなります。

ご新婦様のものはこのまま制作進行となりました。
ご新郎様のものは、前回測ったサイズだと少し大きいことが判明!
もう一度サイズを測り直し、少し小さくすることに。

リングサイズは季節でも多少の変動があります。
また、リングの幅やデザイン、お客様の指の形でも
フィットするサイズが変わってきたりします。

そしてエンゲージメントリングがこちらです。


まだ、ダイヤの留まる座の部分と腕の部分がくっついていません。
座の部分を拡大しますとこんな感じです。


ここにダイヤが留まると…


だいたいイメージ通りに出来上がってきました!
今回、この座の部分はより大きなプラチナの塊りから
やすりなどで擦り出して成型する方法をとりました。

手作りは手間がかかります。
でも、この世にひとつ!と言う指輪が出来上がります。

今回はもう少し爪を根元から細く、シュッ!っとなるように
手直しすることにしました。

途中経過の段階で、お二人にもお満足いただけたようです!
さぁ、次回はついに出来上がりをご紹介しますよ〜!!


十字屋商店ウェディングリングサイトはこちらです